ディーラーオブザイヤー:
販売台数、顧客満足度等を総合的に達成された優秀な販売店に送られる賞です。

ディーラーオブザイヤー

スタッフブログ

ーアルファ ロメオで日常をー 街中の「ヴィスヴィオグレー」

カテゴリー ショールームダイアリー
スタッフ 渡邉 一史 / ワタナベ カズシ   [【Alfa Romeo専任】シニアセールスコンサルタント]
[2020/10/08]
【Alfa Romeo専任】シニアセールスコンサルタント 渡邉 一史
ショールームで見る「ヴィスヴィオグレー」
ステルヴィオで採用されていた「ストロンボリグレー」よりも、少し濃く「ガンメタ」寄りのボディカラー。
こういう色って、ショールームとかスポットが綺麗に当たっている所で見ると、まあカッコいいこと(笑)
でも、色をグレー系で検討中の方、悩まれている方は、
「外で見るとどんな感じかな」
「地味になっちゃうかな」
「アルファ ロメオに似あうかな」
「おじさんぽくならないかな」

と、こんな事をつぶやかれながら悩んでいる方が多いです。
ではでは・・・という事で、街並みに持って来ました。
素敵な存在感のディフェンダーが停まってたので、一緒に撮らせて頂きました。
かのポンペイ市を呑み込んだ大噴火でも有名な「ヴィスヴィオ火山」から付けられました。その名の通り「マグマの様な赤のメタリックが入っているのか?」と思ってしまうくらい、ただのグレーではなく、光の当たり方で色っぽく赤らめた表情を時おり見せてくれるアルファ ロメオのグレーです。
この角度から見ていると、どこかGTを思い出す個性的なテールデザイン。
アルファ ロメオのデザインは、時間が経てば経つほど、
「カッコよく」
「可愛く」
見えてくるから不思議です。
ジュリアのチーフデザイナーであるマッコリーニ氏もお薦めの色との事ですよ。
イタリアのチェントロスティーレでは「彫ってデザインしていく」と表現する事があります。
陰影が美しく浮き出る、彫刻的なデザインにピッタリの質感を演出してくれるボディカラーと言えるかもしれません。
ちょっとワザとらしくドアを開けてますが(笑)
外観は安定感のあるボディカラーですが、ドアを開けると赤のインテリアがチラっみたいな。
トーンの落ち着いたレッドレザーで派手すぎないところが、センスの良さを感じます。
飽きのこない「通なカラ―コンビネーション」とも感じますし、初めての方もあまり抵抗なく楽しめる「赤いシート」だと思います。
アルファ ロメオらしい5ホールのホイールがスポーティさを更に高めてくれるので、「おじさん」ぽさは全く感じられません。
新しくなったステルヴィオに新採用されましたので、世田谷ショールームにてご確認下さい。NEWホイールとのマッチングは必見です。
 前へ | スタッフブログ一覧へ | 次へ 
ページ上部に戻るページ上部に戻る
2020年10月(6件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ーアルファ ロメオで日常をー 街中の「ヴィスヴィオグレー」

カテゴリー ショールームダイアリー
スタッフ 渡邉 一史 / ワタナベ カズシ   [【Alfa Romeo専任】シニアセールスコンサルタント]
[2020/10/08]
【Alfa Romeo専任】シニアセールスコンサルタント 渡邉 一史
ショールームで見る「ヴィスヴィオグレー」
ステルヴィオで採用されていた「ストロンボリグレー」よりも、少し濃く「ガンメタ」寄りのボディカラー。
こういう色って、ショールームとかスポットが綺麗に当たっている所で見ると、まあカッコいいこと(笑)
でも、色をグレー系で検討中の方、悩まれている方は、
「外で見るとどんな感じかな」
「地味になっちゃうかな」
「アルファ ロメオに似あうかな」
「おじさんぽくならないかな」

と、こんな事をつぶやかれながら悩んでいる方が多いです。
ではでは・・・という事で、街並みに持って来ました。
素敵な存在感のディフェンダーが停まってたので、一緒に撮らせて頂きました。
かのポンペイ市を呑み込んだ大噴火でも有名な「ヴィスヴィオ火山」から付けられました。その名の通り「マグマの様な赤のメタリックが入っているのか?」と思ってしまうくらい、ただのグレーではなく、光の当たり方で色っぽく赤らめた表情を時おり見せてくれるアルファ ロメオのグレーです。
この角度から見ていると、どこかGTを思い出す個性的なテールデザイン。
アルファ ロメオのデザインは、時間が経てば経つほど、
「カッコよく」
「可愛く」
見えてくるから不思議です。
ジュリアのチーフデザイナーであるマッコリーニ氏もお薦めの色との事ですよ。
イタリアのチェントロスティーレでは「彫ってデザインしていく」と表現する事があります。
陰影が美しく浮き出る、彫刻的なデザインにピッタリの質感を演出してくれるボディカラーと言えるかもしれません。
ちょっとワザとらしくドアを開けてますが(笑)
外観は安定感のあるボディカラーですが、ドアを開けると赤のインテリアがチラっみたいな。
トーンの落ち着いたレッドレザーで派手すぎないところが、センスの良さを感じます。
飽きのこない「通なカラ―コンビネーション」とも感じますし、初めての方もあまり抵抗なく楽しめる「赤いシート」だと思います。
アルファ ロメオらしい5ホールのホイールがスポーティさを更に高めてくれるので、「おじさん」ぽさは全く感じられません。
新しくなったステルヴィオに新採用されましたので、世田谷ショールームにてご確認下さい。NEWホイールとのマッチングは必見です。
月別表示
カテゴリー別表示
スタッフ別表示
ページ上部に戻るページ上部に戻る