ディーラーオブザイヤー:
販売台数、顧客満足度等を総合的に達成された優秀な販売店に送られる賞です。

ディーラーオブザイヤー

スタッフブログ

ーアルファ ロメオで日常をー 大きいのに乗りやすい①

カテゴリー ショールームダイアリー
スタッフ 渡邉 一史 / ワタナベ カズシ   [【Alfa Romeo専任】シニアセールスコンサルタント]
[2020/09/14]
【Alfa Romeo専任】シニアセールスコンサルタント 渡邉 一史
こちらはジュリエッタ。

今やアルファ ロメオのラインアップ中、一番サイズが小さいクルマとなりましたが、発売当初は「大きい!」なんて言われてました。
横幅は180cm
世の中の車がどんどん大きくなった事で、今や「扱いやすいサイズ」と言われるようになり、人気が再燃しております。

ジュリエッタは「女性オーナーが一番増えたアルファ ロメオ」なんて言われます。
一つはこの「かっこかわいい」デザイン。
そして「壊れないアルファ ロメオ」なところ。
そして「運転しやすいアルファ ロメオ」なところ。
そう。MiToという3ドアハッチバックよりも一回り大きくなったにも拘わらず、運転しやすい事が人気の理由の一つと言えました。

でも最近、そんなジュリエッタから、さらに大きいSUVへのお乗り換えが何台かあったりします。





それは、こちらのステルヴィオ。
どう見ても、大きい。
人気のSUVとはいえ・・・みなさん、無理してるんじゃないですか?
世田谷も細い道、多いですからね~
なのに外車ばっかりという・・・(笑)
ステルヴィオ。その幅は190cmあります。
だからこその、この豊かなボディラインは大変魅力ですが、
実際、クルマのサイズが大きい。
でもジュリエッタからお乗り換えされる方の中には、
意外と女性オーナーも多くて・・・
どんな理由でお乗り換えしてるんでしょう。
ハッチバックスタイルという事も、女性人気のひとつとして挙げられますね!

ま、そんなワタシは前にも書きましたが「お尻」が大事なヒトですから、ハッチバックスタイルが人気なのはよ~く分かります。
そして、お荷物を「ドン」と入れられるスタイルはワゴンの様でもあり、使い勝手の良さについてはセダンタイプと比べて間違いないところです。
そしてもう一つの理由は「運転しやすい」という声。

幅180cmのジュリエッタから、190cmのステルヴィオにお乗り換えされて、「運転しやすい」とはどういう事なんでしょうか。
その秘密のひとつは「オーバーハング」の違いにありそうです。

フロントタイヤから前の長さがフロントのオーバーハングと言います。
ジュリエッタは・・・このくらい。
そして、ステルヴィオ。
ジュリエッタと比べると、これだけ短い。
こう見ると本当に短いですよね!
ジュリエッタとステルヴィオの違いを簡単なイラストで比較。
左のジュリエッタに比べて、右のステルヴィオは
「タイヤの軌道」がほぼ「ボディの軌道」になっていますね。
これが「見切りの良さ」に繋がっています。ボディがどこまでか、が分かりやすいって事です。
お次は運転席から前方を見てみましょう。
最近のクルマって、ボンネットが見えないクルマが多い。
ジュリエッタは乗りやすいとは言え、ここは例にもれず、見えないですね。
こちらはステルヴィオ。
わかりやすい様に前にパンダを2匹、停めてみました。

どうですか?ボンネットがうっすらと見えてます。
フロントの立体的なデザインもあって、車幅が掴みやすくなってるのが分かります。
お次はジュリエッタの運転席から、右方向を見てみます。
ジュリエッタもミラーが大きくなって、そしてミラーの下側が少し空いているので、こんな少しの事でも見切りの良さを感じる一つの要素。
そして、ウインドウのラインも高すぎず、隣のクルマの下の方が見える点も、視界が良くって運転しやすいわけですね。
写真が分かりづらくてすみません。。。
こちらステルヴィオから横を見ております。
壁の一番下のラインが見えるんです。

ミラーはボディの大きさに合わせて、更に大きくなっているものの、ミラーの下は隙間を空けて見切りの良さに貢献してるんですね。
という事で、クルマってサイズだけでは分からないって事です。
実際に座ってみて、曲がり角を曲がってみて、ステアリングを回してみて、色々な要素で「乗りやすい」とか「運転感覚が好き」とかがあります。
歴代アルファ ロメオの中で、抜群に乗りやすいと言われるジュリエッタと比較しても、乗りやすいと感じる「理由」がしっかりあるんですね。
諸元表の数字とにらめっこしていても、正しい答えは出ない事も多いと思います。
比較しているクルマはFFベースですか?FRベースですか?そんな事もこういった造りの差に繋がっているんです。
幅10cmの違い。
片側5cmの違い。
それ以上に「見切りの良さ」「運転しやすさ」が上回るかどうか。
大きさの差を埋めれるかどうか。

これは乗ってみないと分かりませんよ!

なんか・・・ステルヴィオが小さく見えてきた気がする。
※乗りやすさの秘密②に続く予定、です
 前へ | スタッフブログ一覧へ | 次へ 
ページ上部に戻るページ上部に戻る
2020年09月(7件)
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ーアルファ ロメオで日常をー 大きいのに乗りやすい①

カテゴリー ショールームダイアリー
スタッフ 渡邉 一史 / ワタナベ カズシ   [【Alfa Romeo専任】シニアセールスコンサルタント]
[2020/09/14]
【Alfa Romeo専任】シニアセールスコンサルタント 渡邉 一史
こちらはジュリエッタ。

今やアルファ ロメオのラインアップ中、一番サイズが小さいクルマとなりましたが、発売当初は「大きい!」なんて言われてました。
横幅は180cm
世の中の車がどんどん大きくなった事で、今や「扱いやすいサイズ」と言われるようになり、人気が再燃しております。

ジュリエッタは「女性オーナーが一番増えたアルファ ロメオ」なんて言われます。
一つはこの「かっこかわいい」デザイン。
そして「壊れないアルファ ロメオ」なところ。
そして「運転しやすいアルファ ロメオ」なところ。
そう。MiToという3ドアハッチバックよりも一回り大きくなったにも拘わらず、運転しやすい事が人気の理由の一つと言えました。

でも最近、そんなジュリエッタから、さらに大きいSUVへのお乗り換えが何台かあったりします。





それは、こちらのステルヴィオ。
どう見ても、大きい。
人気のSUVとはいえ・・・みなさん、無理してるんじゃないですか?
世田谷も細い道、多いですからね~
なのに外車ばっかりという・・・(笑)
ステルヴィオ。その幅は190cmあります。
だからこその、この豊かなボディラインは大変魅力ですが、
実際、クルマのサイズが大きい。
でもジュリエッタからお乗り換えされる方の中には、
意外と女性オーナーも多くて・・・
どんな理由でお乗り換えしてるんでしょう。
ハッチバックスタイルという事も、女性人気のひとつとして挙げられますね!

ま、そんなワタシは前にも書きましたが「お尻」が大事なヒトですから、ハッチバックスタイルが人気なのはよ~く分かります。
そして、お荷物を「ドン」と入れられるスタイルはワゴンの様でもあり、使い勝手の良さについてはセダンタイプと比べて間違いないところです。
そしてもう一つの理由は「運転しやすい」という声。

幅180cmのジュリエッタから、190cmのステルヴィオにお乗り換えされて、「運転しやすい」とはどういう事なんでしょうか。
その秘密のひとつは「オーバーハング」の違いにありそうです。

フロントタイヤから前の長さがフロントのオーバーハングと言います。
ジュリエッタは・・・このくらい。
そして、ステルヴィオ。
ジュリエッタと比べると、これだけ短い。
こう見ると本当に短いですよね!
ジュリエッタとステルヴィオの違いを簡単なイラストで比較。
左のジュリエッタに比べて、右のステルヴィオは
「タイヤの軌道」がほぼ「ボディの軌道」になっていますね。
これが「見切りの良さ」に繋がっています。ボディがどこまでか、が分かりやすいって事です。
お次は運転席から前方を見てみましょう。
最近のクルマって、ボンネットが見えないクルマが多い。
ジュリエッタは乗りやすいとは言え、ここは例にもれず、見えないですね。
こちらはステルヴィオ。
わかりやすい様に前にパンダを2匹、停めてみました。

どうですか?ボンネットがうっすらと見えてます。
フロントの立体的なデザインもあって、車幅が掴みやすくなってるのが分かります。
お次はジュリエッタの運転席から、右方向を見てみます。
ジュリエッタもミラーが大きくなって、そしてミラーの下側が少し空いているので、こんな少しの事でも見切りの良さを感じる一つの要素。
そして、ウインドウのラインも高すぎず、隣のクルマの下の方が見える点も、視界が良くって運転しやすいわけですね。
写真が分かりづらくてすみません。。。
こちらステルヴィオから横を見ております。
壁の一番下のラインが見えるんです。

ミラーはボディの大きさに合わせて、更に大きくなっているものの、ミラーの下は隙間を空けて見切りの良さに貢献してるんですね。
という事で、クルマってサイズだけでは分からないって事です。
実際に座ってみて、曲がり角を曲がってみて、ステアリングを回してみて、色々な要素で「乗りやすい」とか「運転感覚が好き」とかがあります。
歴代アルファ ロメオの中で、抜群に乗りやすいと言われるジュリエッタと比較しても、乗りやすいと感じる「理由」がしっかりあるんですね。
諸元表の数字とにらめっこしていても、正しい答えは出ない事も多いと思います。
比較しているクルマはFFベースですか?FRベースですか?そんな事もこういった造りの差に繋がっているんです。
幅10cmの違い。
片側5cmの違い。
それ以上に「見切りの良さ」「運転しやすさ」が上回るかどうか。
大きさの差を埋めれるかどうか。

これは乗ってみないと分かりませんよ!

なんか・・・ステルヴィオが小さく見えてきた気がする。
※乗りやすさの秘密②に続く予定、です
月別表示
カテゴリー別表示
スタッフ別表示
ページ上部に戻るページ上部に戻る